株式会社CXDネクスト

  • ホーム
  • ネットレジサービス
  • 導入事例
  • サポート

導入事例

文具のソーマ様の場合

売上集計から在庫管理まで、老舗文具店の運営を強力サポート。

オフィス用品を中心に、20,000点を超える膨大なアイテム数を誇る老舗の文具店「文具のソーマ」。渋谷にほど近い、東急東横線祐天寺駅から徒歩1分という好ロケーションに加え、午前8時オープンという利便性もあり、出勤前のサラリーマンやOLをはじめ、幅広い世代のお客様に利用されています。ここに来れば何でも揃う、あらゆるお客様にとって一番の便利店を目指して、2008年2月にネットレジを導入。さらなる顧客サービスの向上に努めています。
■会社名:文具のソーマ ■業種:文具販売
■店舗:1店舗(東京都目黒区) ■品目:約10,000〜20,000点

優れたコストパフォーマンスと、安定した性能を高く評価。

有限会社文具のソーマ 相馬康二氏

筆記具や法令用紙からPOP用品、インク・トナーなどの消耗品、さらには名刺・封筒印刷、各種名入れなど、多彩なラインアップを取り揃え、幅広いお客様のニーズにお応えしている文具のソーマ。1階と2階からなる広いフロアには、アイテムが所狭しと並べられ、スタッフがお客様の捜し物をお手伝いしている姿が、あちらこちらで見受けられます。当店の社長である相馬氏も、お客様の対応や在庫管理に、忙しい毎日を送られています。

「オフィスで使うものからファンシーグッズのような雑貨品まで、文具店に来るお客様のニーズは実に多種多様。そのため、文具業界の売上集計や在庫管理は単品ごとに行うのが理想的。当店でも、数年前からPOSシステムを導入しており、バーコードスキャナーで商品管理をしていました。しかし、こうしたシステムは、レジスタ1台につきソフトのメンテナンスに月額1万円以上、ハードのメンテナンスに年間15万円程度と、ランニングコストがネックとなります。また、ハードの設置や専用ソフトの開発・調整などに約3ヵ月、600万以上かかるなど、導入も一筋縄ではいきませんでしたね。」

そこで、目を付けたのがネットレジ。ハードはもとより、月々の費用もレジスタ2台分で2万円足らずとリーズナブル。しかも、スキャニングサービスや売上集計管理サービスをうまく活用すれば、従来のPOSシステムと同じような使い方も不可能ではないとあって、導入に踏み切ったそうです。

「インターネットに接続できるという製品は他にもありましたが、レジスタに定評のあるカシオ製が一番だろうと、安心して導入を決めました。電子決済サービスにも加入しましたが、インターネットによるクレジット決済は、実に安定しており期待通りの仕上がりでしたね。2度打ちが不要で、レジ業務のスピード化が図れるという点も高く評価しています。また、iD決済対応で支払いの選択肢が増え、顧客サービスの向上にも貢献できたと思っています。」


文具店に必須の単品管理に、スキャニングサービスが効果を発揮。

1Fと2Fに設置されたTE-2500(ホワイト)と電子決済端末KT-10

相馬氏は、ネットレジならではの優れたコストパフォーマンスと高い安定性を高く評価する一方、文具店という業種に適したメリットとしてスキャニングサービスと売上集計管理サービスにも注目しています。

「当店では、毎日の業務が始まる前に、新しく仕入れた商品をハンドスキャナーでスキャンしてレジに登録し、商品マスタを作成します。文具店のように取り扱う商品数の多い店舗では、アイテムひとつひとつのJANコードを手入力するわけにはいきません。バーコードによる商品管理は、いまや業界標準。それを、低コストかつ簡単操作で実現したネットレジは、まさに文具店にとって待望のレジスタといえるでしょう。」

また、スキャニングサービスでは、(財)流通システム開発センターが運営するJANコード統合商品情報データベースを利用。インターネットを通じて470万件以上の商品情報を自動検索でき、商品マスタ作成などに活用できます。さらに、レジ設定ツールを使えば、商品名や単価などをパソコンのキーボードで手軽に登録することもできます。

「ノベルティ用に入荷したアイテムをスキャンした際、シーズン品であるにもかかわらず、その商品名が正しく表示されたのには驚きました。データベースがしっかりしていると、定番品以外の商品情報も利用できるので助かります。また、商品名を変更したい場合にも、レジ設定ツールを使えば簡単。2台のレジ登録を1台のパソコンから同時に配信・設定できるので、手間も時間も節約できます。一度登録してしまえば、レシートに商品名が印字されるので、お客様にとっても、お店にとっても分かりやすく、会計後のトラブルやクレームにもスムーズに対応することができます。」

さらに、文具のソーマでは、こうしてレジ登録された商品情報を生かし、商品毎の売上集計を詳しく分析することで、仕入れや発注などの在庫管理に役立てています。


在庫管理から販促計画まで、売上集計管理サービスを幅広く活用。

多種多様な文具雑貨が並ぶ店内

ハンドスキャナーでレジ登録した商品の売上分析に効果を発揮するのが売上集計管理サービス。店舗でレジ打ちしたデータをインターネット経由で自動収集し、単品ごとの売上をパソコンで手軽に確認できるうえ、集計データは約30分毎ごとに自動更新され、時間帯別の売上動向も一目瞭然。帳票やグラフの自動作成機能も備え、多角的な視点から経営状況の把握に活用できます。

「文具店経営のカギを握るのが在庫管理。適切な在庫コントロールを行うためには、単品ごとの売上把握が求められます。しかも、情報は鮮度がなにより重要なのは言うまでもありません。その点、ネットレジの売上集計管理サービスは、タイムリーな売上情報がパソコンで簡単にチェックできる。1日に3回、携帯電話に売上速報を配信することもできるとあって、欲しい情報が常に身近にある感覚がするので心強いですね。在庫切れの防止はもちろん、新しく入荷した商品に対するお客様の反応も正確な数値として確認できるので、経営戦略を立てる上でとても参考になります。」

文具一筋40年以上の先代社長

また、相馬氏はレジ設定ツールを使ったレシートプロモーションも積極的に活用。販売促進はもとより、店舗とお客様をつなぐコミュニケーションツールとして、これからもさらなる利用を検討しています。

「レシートには店名ロゴを印字し、ショップメッセージや新商品情報、商店街共通のポイントシステムの案内などを掲載しています。これからは、印字内容のスケジュール設定をうまく活用して、週に1回くらいのペースで情報を更新していきたいですね。文具店に来るお客様は、購入する商品が決まっている人がほとんどですが、こちらから新しい商品やサービスを提案できれば、今まで以上にお客様との距離も縮まり、ひいては売上アップにもつながると期待しています。あらゆるお客様のニーズにお応えするべく、ネットレジの活用法はまだまだ広がりそうです。」

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2009 CXD NEXT CO., LTD. All Rights Reserved.