株式会社CXDネクスト

  • ホーム
  • ネットレジサービス
  • 導入事例
  • サポート

導入事例

プランツ・プランツ様の場合

植物とともに暮らす新しい生活を提案。独自スタイルの店舗運営をネットレジがサポート。

ペットのように植物を育て、ともに暮らすことで得られる豊かな毎日。それは、ひとつの“いのち”と出会うことで始まる、心身ともに楽しいひととき。「プランツ・プランツ」は、植物と人とのよりよい関係を応援するライフスタイル提案ショップ。スタイリッシュな内装が施された明るい店内には、観葉植物やハーブ、浮き草やコケなど、多種多様なプランツがいっぱい。お洒落な雑貨とのアレンジメントも豊富に展示され、訪れる人の目を楽しませてくれます。
■会社名:P2 & Associates Inc. ■業種:雑貨販売
■店舗:5店舗(福岡県ほか) ■品目:約200〜500点

ネットレジの導入コスト&機能が、単レジ以上POS未満のニーズにマッチ。

株式会社ディーフィット 代表取締役 立川真由美氏(左)と事業統括リーダー 平岡和成氏(右)

数多くの植物をメインに、それに関連したインテリアグッズなどを販売する「プランツ・プランツ」。お店のコンセプトである“Live and let live”は、経営会社であるピーツー・アンド・アソシエイツ株式会社のモットーでもあります。70年以上の歴史を誇る老舗のペットショップ経営を通じて、たくさんの“いのち”との出会いをお手伝いしてきた同社ならではの企業姿勢が、植物と人との共生・共存を提案する「プランツ・プランツ」にもしっかりと息づいています。

「ペットも植物も、おなじひとつの“いのち”。身近な関係であるペットやプランツとよりよい関係で暮らすことが、その延長線上にある野生動物や自然を大切に思う気持ち、人と自然が共生する社会環境を育てていく。そういう考えのもと、当店では、ひとりでも多くの方に植物との出会いと暮らし方を提案しています。」と語るのは、ピーツー・アンド・アソシエイツ株式会社総務部次長であり、店舗の統括マネージャーでもある平岡幹生氏。

福岡、東京、大阪をはじめ全5店舗を展開。さらに、オンラインサイトを開設するなど、積極的な経営展開を図る「プランツ・プランツ」。2008年4月からはネットレジを導入し、経営管理や業務効率化、そして顧客サービスのさらなる向上を目指しています。導入に際しては、POSレジの検討もしたもの、ネットレジのリーズナブルな導入コストや使い勝手の面を高く評価。現在、イムズ店をはじめとした4店舗の運営管理に役立てられています。

「雑貨販売は商品点数が多く、そのため売れ筋の的確な把握が経営のカギを握ります。今までは単レジといわれる一般的なレジスタを使用しており、商品ごとの売上などが簡単に把握できませんでした。しかし、POSシステムでは、ハード・ソフトを含む導入コストがネックとなり、スペックも多機能すぎて持て余してしまう。単レジ以上、POS未満のレジスタはないものかと思っていた矢先に出会ったのがネットレジ。これなら店舗規模にも合うということで導入を決めました。」


売上集計管理サービスの活用で、膨大な商品点数の売上分析を効率化。

カウンターに設置したTE-3500とハンドスキャナー

「プランツ・プランツ」では、ネットレジの導入と同時に、売上集計管理サービスやスキャニングサービスにも加入。導入後すぐにバーコードによる商品管理を実施し、商品ごとの売上集計とレジ業務の効率化を推進しています。

「店舗では常に200種類くらいのアイテムを扱っています。新しい商品が入荷すると、バーコードをハンドスキャナーで読み取りレジにマスター登録。JANコードのない商品については、オリジナルのバーコードを作成して管理しています。一度登録してしまえば、会計のたびに価格などを打ち込む必要がなく、レジ業務のスピードアップはもちろん、入力ミスの軽減にも役立っています。また、会計が済むとその売上情報が自動集計され、本部のパソコンで閲覧できるのも便利ですね。今まで部門別でしか把握できなかった売上が、商品別などの細かい売上構成まで本部のパソコンで確認できるようになり、より精度の高い営業分析が可能になりました。」

導入して間もないこともあり、売上集計管理サービスについてはまだまだ活用しきれていないと話す平岡氏。それでも、専用ホームページ上で自動作成される日報をプリントアウトして保管し、日々の売上確認に使用しているそうです。今後、集計データが蓄積されていくにつれ、前年や前月との売上比較ができるようになるなど、集計データの活用範囲が広がることに期待しています。

「商品開発や仕入れ、販売促進などの業務は、お客様と日々接している店舗スタッフの意見を吸い上げて具体化するのが一番。レシートに新着情報などのメッセージを印字するレシートプロモーションもそのひとつです。そのかわり、本部では各店舗の売上状況をしっかりとチェックし、経営の軸がぶれないように管理する。本部と店舗がそれぞれの業務に専念するとともに、お互いにうまく連携をとりあっていく。その際、ネットレジや売上集計管理サービスのような、本部と店舗をつなぐ機能は必要可決な要素。とくに複数店舗を経営する会社では、その必要性がますます高まるでしょう。」


店舗とお客様のよりよい関係を目指して、ますます広がるネットレジの活用法。

たくさんのプランツが並ぶ開放感あふれる店内

切り花のように一時的なものではなく、ずっと生き続けるプランツ。「プランツ・プランツ」が扱うのは、植物というモノではなく、植物とともに暮らすというライフスタイルそのもの。そのため、生活様式が変われば、植物とのつきあい方も変わる。そこで「プランツ・プランツ」では、室内でグリーンを楽しむために土を使わない提案や、多彩な器やインテリア雑貨と組み合わせたアレンジメントなど、多彩なアイテムをラインアップ。常にお客様のニーズに応える、商品やサービスの提供に取り組んでいます。

「当店で扱うすべてのアイテムは、お客様にグリーンに親しんで欲しいという気持ちから生まれたもの。そして、植物には、ひとつとして同じものはありません。お客様がここで植物と出会い、そこから始まる新しい暮らしをお手伝いするのが当店の役目。そのため、植物の知識を身につけるのはもちろん、お客様のニーズを的確に把握することが何より大切になってきます。そこで効果を発揮するのが、ネットレジや売上集計管理サービス。生きた集計データをさまざまな角度から分析することで、新商品に対するお客様の反応や、季節ごとの売れ筋商品などが、正確な数字として認識できるようになります。そうして得られた情報を、店舗経営へタイムリーにフィードバックすれば、お店とお客様の関係性を深めることができ、よりよいライフスタイル提案につながるのではないでしょうか。」

お店にとっても、お客様にとってもメリットのある活用を目指して、「プランツ・プランツ」とネットレジの二人三脚の挑戦は、これからも続きます。

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2009 CXD NEXT CO., LTD. All Rights Reserved.