株式会社CXDネクスト

  • ホーム
  • ネットレジサービス
  • 導入事例
  • サポート

導入事例

HORIZON 様の場合

売上集計管理サービスで、効率的な店舗運営を実現。

中央線沿線を中心に、お香やシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー、パワーストーンなど、多彩な雑貨・アクセサリーを扱うセレクトショップHORIZONを6店舗で展開。2008年12月よりネットレジを導入し、売上集計管理サービスを利用。更なる経営効率化とサービスの向上に努めています。
■会社名:株式会社ワッツ ■業種:雑貨販売
■店舗:直営6店舗(東京都、埼玉県) ■品目:約5,000点

実際に画面を見て導入決定。ほどよいコスト感も魅力

HORIZON 立川店 スタッフ

お香から衣料、シルバーアクセサリー、アクセサリーパーツ、輸入雑貨など、約5,000点もの商品を扱う人気のセレクトショップHORIZON。都内を中心に7店舗を運営している株式会社ワッツ様の安田社長は、多店舗展開の強みを活かすために、2008年12月より売上集計管理サービスを活用しています。

導入のきっかけは、同業の友人が売上集計管理サービスを利用していたのを目の当たりにしたことだそうです。
「リアルタイムな売上状況変化をパソコンで実際に確認し、また10万円を切る本体価格も、コスト的にうちにちょうど合っています。」


操作性が良いため、導入もスムーズ

導入したTK-2500

「ネットレジ導入前は、各店舗がそれぞれで通常のレジを使用して、商品を16〜20に分け部門打ちをしていました」と安田社長。 現在、店舗ではTK-2500のタッチキー72面を使って部門入力をしています。

ネットレジではパソコンを使って作成したレジの設定を、まとめて全店舗に送信することができるので、レジ本体で設定する必要がないうえ、全店舗のレジ設定を本部で管理できます。

「まとめてレジの設定を行うことができたので、非常にスムーズに導入することが出来ました。操作についても、全く問題はありません。  また、店舗では1日2回在高申告を行なっています。夜の申告から翌日のつり銭を用意できるので金種登録ができるのとても便利です。」


リアル店舗の変化にフレキシブルな対応ができる

取り扱いアイテムは多岐にわたる

店舗や時間帯によって、学生からOLや主婦層まで顧客の年齢層が幅広い同店では、売上集計管理サービスを活用しています。

「各店舗でレジ打ちした売上情報がインターネットを通じて自動集計されるので、時間ごとの売上がリアルにわかります。多店舗で展開しているため、目が行き届きにくいですが、売上集計管理サービスを利用することで、店舗ごとの課題がすぐに把握でき、きめ細かく対応できるのがいいですね」

また、数字をみるため自動作成される帳票やCSVをよく利用しています。「店舗や時間帯により客層が変わるので、「時間帯別」「商品別(部門別)売上」は大変重宝していますし、CSVは全体の個数を把握するために必要なデータです。 POSレジのような細かすぎるデータは役に立ちにくいので、現状の売上集計管理サービスに非常に満足しています」

「今までは本部でクーポン券を制作していたのですが、レシートに印字すればコストも大幅に削減できます。また、印刷内容もレジ設定ツールで簡単に変更できるので、本部主導の大規模キャンペーンだけでなく、各店個別で活用できるのがいいですね。何よりレシートを販促ツールとして使えるのは効率的です。このように経営指南から販促支援まで、じつに活用範囲の広いのがネットレジの魅力。これからもネットレジには期待しています。」

お客様本位の売場づくり

売上状況は専用ホームページに表示されるほか、売上速報を携帯電話などに送信することができます。ワッツ様では速報メールを1日3回マネージャー、店長の携帯メールに送ることにより情報を共有しています。

さらに「買い付けなどで海外へ行くことも多いのですが、スマートフォンから売上状況を確認できるのも便利ですね」と安田氏。長期の海外出張でも安心して店舗を任せられます。

「今後は直営で店舗数を増やしていきたいと思っています。また、HORIZONは、今年で11周年。これからの10年も、お客様の笑顔の為に、全力でがんばります。つねに皆様に喜んで頂ける、お店造りを目指します。」

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2009 CXD NEXT CO., LTD. All Rights Reserved.